Top

サラさんとらくさんのイスラームとユダヤな世界のコラボレーション! 
by collabo-sarakuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
だれが払うの?イラン風会計の仕方
サラさんかららくさんへのお手紙での質問。

「イスラエルでは、例えば何人かで食事をしたときに、どんな風に会計をしますか?」

そしてサラさん曰く、イランでは・・・・


  こちらだと、Bozorg(年上あるいは立場が上の人)が支払うというのが割と普通だと思うんですよ。学生同士で割り勘にするにしても、日本のように、一円単位まできっちり計算するというのは滅多にない光景で、誰かしらが、端数を持つとかするものなんですよ。今回は私ねと。

 で、私の場合、日本人留学生などと一緒の場合は、年齢的にも、一応とはいえ働いているので、やっぱり、少し多めに支払うくらいのことはします。で、イラン人の教え子と一緒にタクシーに乗ったら、やっぱり彼らがお金を出すと言っても私が出すのが普通なんですね。

 実際には、非常勤の給料なんてないに等しいですし、いつも懐に余裕があるわけではないのですが、でもまあ、一応とはいえ年上なんだし、仕事もしているんだしと、特に疑問を持つこともなく奢ったり、多めに負担をしたりすることをしていたんですね。逆に、私が私より立場や年齢が上の人にはよくごちそうになったりしていますし。イラン的なやり方からしても、私個人の性格からしても、きっちり割り勘でなくても良いじゃない、という感じなんですけど。まあ、なんというか、もちつもたれつ、というところでしょうか。

 イスラエルだときっちり分けるのかな?と気になったんですね。 お金の払方一つにしてもお国柄がありますよね。きっと。




らくさんのサラさんへの返答お手紙はこんなふう。



サラさんのお話、さすがイランという気がします。イスラエルではどうなんでしょうね。年齢に関係なくさらりと割り勘というのが一般的なんじゃないかなあと思いますが、私の個人的な限られた学生的な交友関係だけかもしれませんけど。

親しい仲では持ちつ持たれつで、時には奢りあいもありますね。男性の友人同士の場合はどちらかが奢る、または大目に出すというの見かけます。まあ、このあたりはやっぱり男のたてまえみたいなものなのでしょうか。

親しい女性の友人がいますが、彼女は「絶対におごられたくない!」主義者のようで、彼女が全額払うことがあっても、私がそうしようとすると必死に止めますね。イスラエルの女性はとてもガンコな方が多いので、口では勝てませんから、あっさり引き下がることが多いんですけどね。わはははっ。

年配の方たちの場合、あまり外で食事をする、またはコーヒーを飲みに行くという習慣があまりないような気がします。外でコーヒーを飲むくらいならお互いの家で、奥さんの作ったケーキとミルクと砂糖たっぷりのネスカフェで、ズズズーっと、という感じでしょうか。エルサレムでも若い女性がカフェに出かけたりするのはよく見かけますが、おばちゃんたちがカフェに行くというのもかなり稀な気がします。

あ、これを書いていて思ったんですけどね、イランでは中年層の方々(語弊があります?この表現?)が行かれるようなおしゃれなレストランなどはありますか?チャイハネのようなローカルなものはあるでしょうけどね。

エルサレムではそうですね、マハネ・イェフダ市場のあたりなどではローカルな食堂のようなものはあっても、やはり中年層はきちんとした食事は自宅に呼び合って、というのが多いような気がします。

[PR]
by collabo-sarakuda | 2006-05-15 04:13 | 文化日記-テヘランとエルサレム