Top

サラさんとらくさんのイスラームとユダヤな世界のコラボレーション! 
by collabo-sarakuda
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
テヘランとエルサレムのスカート事情
 ある日のメールの中で、らくだのさんが二枚のスカートを一枚の値段で買ったという話をさえれました。
 その話に反応したサラさんは、イランではスカートは家の中でははけるけど、外ではあまりはけないとこぼしました。

 サラさんかららくだのさんへのおたよりから:

 「そうなんです!スカートはあまり誉められた格好じゃないんです!
 私は昔、そのために大学の構内へ入れてもらえなかったことがあるくらいです!スカートがめくれると足が見えてしまうから、というのですけど、靴下とかストッキングをはいていればいいじゃん?と非常に理不尽さを感じています。
 おばさんたちは結構スカートのまま外出してしまうんですけどね。若い女性はやっぱりズボンです。
 考えてみたら、こちらの女性のファッションは、昔から、遊牧民の系統を引いていて、スカートの下にズボンをはく形なんですよね。あるいは、あるいは5メートルくらいの布を使ってとてつもなく沢山のギャザーを寄せるか。」


 らくだのさんからのお返事は?

 「足が隠れるほど長いスカートならOKかと思いましたが、そうではないのですねえ。そう言われてみれば、東エルサレムでもロングコートの下はスカートではないですね。
 スカーフばっちりにパンツ姿はかっこいいなあと思ったりもするのですが(笑)。

 エルサレムでも宗教的な若い女性などは、ズボンの上からスカートをはいています。ちょうどサラさんのブログのほうに載っていた写真のような感じですが、やっぱりこちらはノーマッドな雰囲気で、もたもたっと流浪気味ですが(笑)」


 エルサレムでも宗教的な女性たちのスカートは、イランのスカートのはき方と同じだった!
[PR]
by collabo-sarakuda | 2006-02-20 12:31 | 文化日記-テヘランとエルサレム
<< テヘランとエルサレムの魚と水 テヘランとエルサレムの寿司事情 >>